© High-Five. All Rights Reserved.

フォニックスとは?

フォニックスは、現在アメリカの幼稚園や小学校で、母国語である英語を学ぶために一般的に用いられ、英語を使う力を向上する上で大きな成果をあげております。フォニックスの効果が長い間にわたって証明されていて、たし算やかけ算のように、幼稚園から学びます。日本でも近年このすぐれた学習法が注目されています。

フォニックスでは、同じ音を持つ単語をグループ化して教えることによって(*詳細は、右のボックスをご参照下さい)、言葉の習得効率を飛躍的に上げております。

英会話力から運用力へ

当教室では、フォニックス教材をメインとして使い、分かりやすく英語が修得できるように工夫して教えます。具体的には、日本語にはない音声を聞き取る力、発音する力(早期に始めた方が、より効率的に獲得できる基礎体力)を効果的に育て、英会話の基礎的能力を獲得していきます。

 

この能力は、英会話だけでなく、英語の読解力、表現力、ディスカッション力等、英語運用力全般に対して力を発揮し、例えば、将来の英検取得や大学センター試験のリスニングに留まらず、英米大学留学のためのTOEFLテストや留学時の言語力を支える力となります。

atを音とするグループ

ateを音とするグループ

ハイ-ファイブ

テキスト ボックス: ●当教室では、カード・絵本・チャンツ教材・紙芝居等を中心に、豊かな英語環境で、楽しく学んでいきます。右の図のように、英語の基礎体力を3つの領域に分けています。
●目的は、英語理解の基礎、英会話の基礎、読解と表現の基礎の習得です。それぞれの目的を達成するために、フォニックス、パターンプラクティス、ストーリーの読みと表現という方法を取ります。
●子供達が、身近に感じるモノ、想像力をかき立てるモノ、楽しいと思うモノ等に配慮して、バラエティのある教材を揃えてあります。右の図に概要が書かれていますが、どれも優れた教材であります。参考までに、教室の様子に、当教室で使う教材の一部が掲載されています。
テキスト ボックス: High-Fiveでの学び

英語教室

 

bat

 

hat

 

cat

 

mat

 

gate

 

skate

 

plate

 

date